学術学会

第24回日本医学看護学教育学会学術学会

期日:平成26年3月9日(日)
会場:島根県立石見高等看護学院(島根県益田市昭和町20番15号)
テーマ:「在宅の医学看護学教育」

第24回日本医学看護学教育学会学術学会のご案内

会頭:狩野稔久(益田地域医療センター医師会病院 病院長)

今から11年後、65歳以上の人口が総人口の30%を超え、団塊の世代が後期高齢者と言われる75歳以上に到達する2025年、日本の社会は大きな転換点に差し掛かります。いわゆる2025年問題です。

その超高齢社会を見据え、厚生労働省は治療を中心とした「医療」から生活を重視した「介護」、「施設」から「在宅」への流れを促し、医療・介護・福祉の質向上とコスト節約を達成するために「地域包括ケア」を社会保障制度改革の柱に据えました。

地域への流れが加速するなか、医学・看護学教育でも徐々に在宅分野の視点、知識・技術へ注目が集まっているとはいえ、質・量ともにまだまだ不足しているのではないでしょうか。

実践現場ではどんどんと在宅分野が広がり、政策的にもそこに誘導されているにもかかわらず、教育現場では医療機関内・施設内を前提とした医学・看護学教育がほとんどではないでしょうか。

また、「在宅」は職種を超えたチームアプローチの場でもあります。家族や近隣、ボランティアとの連携も求められます。リビングウイル(尊厳死)、終末期医療、延命治療、看取りの問題もかかわってきます。

今後、私たちは未踏の超高齢社会とどう向き合えばよいのか。その対応は急務であり、「在宅」は医学・看護学教育の重要な課題になると思います。

そこで第24回学術学会のテーマは「在宅の医学看護学教育」として2014年3月9日、高齢社会を先取りしている島根県益田市で開催することといたしました。あまり交通の便の良いところとは申せませんが、万葉の歌聖、柿本人麻呂ゆかりの地、益田へ全国からたくさんの皆様方のご参集をお待ちしています。

特別講演

「「地域包括ケア」時代における在宅の医療・看護専門職教育~IPE(Inter-profession Education:関連職種連携教育)から考える~」

講師:高野龍昭(東洋大学ライフデザイン学部生活支援学科 准教授)

会頭講演

「2025年へのロードマップ~在宅医療・介護の課題~」

講師:狩野稔久(益田地域医療センター医師会病院 病院長)

日程

平成26年3月8日(土)
  • 16:30-18:00 評議員会,理事会合同会議
  • 18:30- 懇親会
平成26年3月9日(日)
  • 8:30- 受付
  • 9:00-9:20 会頭講演
  • 9:30-12:00 一般演題発表
  • 12:10-12:30 総会
  • 13:30-15:00 特別講演
  • 15:00 閉会
各種締め切り
  1. 演題申込み・抄録締切り  平成26年1月10日(金) 期日の延長は行いません
  2. 参加申込み締切り  平成26年2月14日(金)

一般演題の募集と発表について

医学看護学教育に関するもの,コミュニケーションに関するもの,医学看護,心理学,保健医療全般に関するもの等,幅広く一般演題を募集致します.

1)一般演題の申込と抄録の作成について
  1. 筆頭演者は日本医学看護学教育学会の会員に限ります.会員でない方は,あらかじめ入会手続きをお済ませ下さい.
  2. 「演題申込書」と「抄録」は,下記のE-mailに添付して学術学会事務局までお送りください.
    何か支障がありましたら学会事務局に問い合わせ願います.
    (「演題申込書」につきましては,演題申込フォームをご利用いただいても結構です.
  3. 演題申し込み・抄録の申込締め切り:平成26年1月10日(金)
     期日の延長は行いません.
    申し込み受領後7日以内に,E-mailまたはファックスで受領のご連絡を致します.
    もし連絡が届かない場合には,学術学会事務局にご一報下さい.
  4. ご応募いただいた演題については査読の上,採否を決定いたします.採否,発表形態は学術学会事務局にご一任下さい.また,一部抄録の訂正をお願いする場合もございます.平成26年1月31日(金)までに発表者にE-mailでご連絡致します.
  5. 「演題申込書」で申込をされた方の「参加申込書」は不要です.
  6. 抄録は「抄録の書き方(原稿見本)」に従い作成して下さい.
2)口頭発表について
  1. 発表は座長により進行します.発表時間は10分間(発表7分,討論3分)の予定です.
  2. パワーポイント(Windows版2010まで対応可能)が使用できます.(スライド,OHPは不可です)
  3. パワーポイントで作成したデータは,フラッシュメモリに保存して「第24回日本医学看護学教育学会学術学会事務局」まで郵送して下さい.締切期日厳守でお願い致します.
    • パワーポイントデータの締め切り:平成26年2月21日(金)消印有効(締切日厳守)
    • 第24回日本医学看護学教育学会学術学会事務局
    • 〒698-0007 島根県益田市昭和町20番15号 島根県立石見高等看護学院
  4. 当日のパソコンの持ち込みはできません.
  5. お送り頂いたフラッシュメモリは学会当日に受付で返却すると共に,コンピューター内のバックアップは責任を持って破棄致します.
3)示説発表について
  1. 幅117cm,高さ85cmに収まるように掲示して下さい.
  2. 発表は指定の時間にポスターの前にお立ちいただき参加者と意見交換していただく予定です.

参加申込(懇親会・学術学会・昼食)について

  1. 参加はどなたでもできます.
  2. 「参加申込書」は,E-mail添付またはファックスでお送り下さい.また,参加申込フォームもご利用いただけます.
  3. 学術学会参加費は次の通りです.
    • 会員:2,000円
    • 非会員:3,000円
    • 学生・院生:1,000円
  4. 懇親会の会費は5,000円です.希望者は「参加申込書」の"懇親会参加"の欄に○を付けて下さい.(懇親会会場、時間等は未定です)
  5. 学術学会当日の昼食には,お弁当(500円)の事前申し込みを受け付けます(参加申し込み用紙).
  6. 抄録集は学会参加申し込みをされた方にお送りします(平成26年2月下旬の予定).

*当日の学会参加も可能ですが,なるべく事前申し込みにご協力下さい.

学会参加費,懇親会費,弁当代の振込について

  1. 学会参加,弁当,懇親会の申し込みをしていただいた方は振り込みをお願いいたします.
  2. 振込は次の口座に,個人毎,平成26年2月28日(金)までに振り込んで下さい.
    • 山陰合同銀行 益田東出張所 普通口座 No. 3638576
      第24回日本医学看護学教育学会 学術学会 代表者 狩野稔久
  3. 学術学会の当日に「振込受領」を持参して下さい.

学術学会に関するお問い合わせ

第24回日本医学看護学教育学会学術学会事務局

〒698-0007 島根県益田市昭和町20番15号 島根県立石見高等看護学院
TEL:0856-23-2615
FAX:0856-23-3462
E-mail:prfiwami@mx.miracle.ne.jp

学会入会についてのお問い合わせ

日本医学看護学教育学会事務局

〒693-8550 島根県出雲市西林木町151 島根県立大学出雲キャンパス内
TEL:0853-20-0200
FAX:0853-20-0536
E-mail:jamne-jimukyoku@izm.u-shimane.ac.jp

学会会場ならびに宿泊について

益田市へのアクセス
  • 松江市からJRで約2時間
  • 新山口からJRで約1時間40分(平成25年7月の豪雨被害のため運行状況はご確認ください)
  • 広島からバスで約3時間
  • 東京から飛行機で約1時間30分(萩・石見空港から会場までタクシーで15分)
JR山陰本線益田駅から学会会場へのアクセス
  • 徒歩約20分
  • タクシー約5分
車での学会会場へのアクセス
  • 松江方面から国道9号線益田運動公園入口を左折して,次の信号を右折後すぐ右折
  • 山口・萩方面から国道191号線の市内跨扇橋を渡ってすぐ左折
  • 学院内駐車場をご利用ください(無料)
会場地図

大きな地図で見る
宿泊施設

宿泊のご予約は各自でお願い致します.

第24回日本医学看護学教育学会学術学会を終えて

副会頭:竹内節子(島根県立石見高等看護学院 副学院長)

2014年3月9日に島根県益田市にある島根県立石見高等看護学院を会場に第24回日本医学看護学教育学会学術学会を開催させていただきました。2013年7月の山陰豪雨の影響でJRが不通になっている区間があるにもかかわらず、全国から159名の皆様にご参加いただき感謝申し上げます。

今回の学術学会は「在宅の医学看護学教育」をテーマにあげ、超高齢社会を迎え治療を中心にした「医療」から生活を重視した「在宅」に流れがシフトしている中で、医療職としてどのように向き合えばよいのかを考えました。

会頭講演では、益田地域医療センター医師会病院の院長である狩野稔久先生が、「2025年へのロードマップ ~在宅医療・介護の課題~」と題して講演されました。これまで生存率を上げることを目標としていた医療から、生活の質を維持し「寄り添い」「癒す」「看取る」医療に変化していることを説明されました。そしてサザエさん一家を例に家族が家族を介護する日本的家族主義を期待するのではなく、医療者が社会のニーズに沿った医療を目指すべきことを強調されました。「医療は医学の社会的適応である。」という武見太郎氏の言葉を引用され、私達がガラパゴス化しないよう社会が求める医療を提供しようと結ばれました。

一般演題は48題の発表があり、4会場で活発な意見交換が行われました。今大会では、優秀な発表に対して、会長賞1題、会頭賞1題、各会場賞4題を選出致しました。ドラムロールが鳴り響く中、ユニークなネーミングの賞もあり和やかな雰囲気で表彰式を行いました。

午後は、特別講演として東洋大学ライフデザイン学部生活支援学科准教授の高野龍昭先生に、『「地域包括ケア」時代における在宅の医療・看護専門教育~IPE(Inter-professional Education:関連職種連携教育)から考える~』と題して講演していただきました。在宅医療・在宅介護の歴史を紐解いていただき理解を深めた上で、現在の医療保険や介護保険制度改革についてお話しいただきました。また今後、それぞれの地域の実情に合わせた地域包括ケアシステムの構築が必要であることや、システムを支える専門職が互いに学び合いながらケアの質を向上させていくことが重要であると教えていただきました。

閉会式では、第25回学術学会の会頭を引き受けられました社会医療法人仁寿会加藤病院の加藤節司先生から、平成27年3月14日に島根県立大学出雲キャンパスで開催予定であるので、多くの皆様にご参加いただきたいとご挨拶がありました。

最後に、学術学会を担当するにあたり学会事務局や会員の皆様に多大なご協力を頂き盛会に終了致しましたことに感謝申し上げます。今後、本学会がますます発展しますことを祈念致します。

トラックバック(0)

トラックバックURL:

学術学会の一覧

学術学会の予定

第28回日本医学看護学教育学会学術学会

平成30年3月3日(土)
サテライトキャンパスひろしま(広島市中区大手町1丁目5-3)

→つづきを読む

学術学会の一覧

学術セミナーの予定

第20回日本医学看護学教育学会学術セミナー

平成29年12月2日(土)
島根県立石見高等看護学院 大講義棟(島根県益田市昭和町20番15号)
テーマ:「施設から在宅へ―多職種協働による医療・介護の連携―」

→つづきを読む

学術セミナーの一覧

研修会の予定

研修会の一覧