学術学会

第30回日本医学看護学教育学会学術学会

meeting30_poster.jpg

 

日時:2020年3月14日(土)9:30~16:30
会場:島根県立大学出雲キャンパス(〒693-8550 島根県出雲市西林木町151番地)
テーマ:「健幸を彩るソーシャルケア」

※プログラム,演題申込,参加申し込みの詳細等は後日ご案内します.

第30回日本医学看護学教育学会学術学会のご案内

会頭:山下一也(島根県立大学学長代行)

日本医学看護学教育学会も30年目を迎えることになりました。現在、超高齢化社会にあるわが国では75歳以上の後期高齢者が総人口の12.5%を占め、要介護認定者数は600万人を超える状況になっております。

今学会は、「健幸を彩るソーシャルケア」をテーマにしております。英国では1948年に国民が無料でヘルスケアの サービスを受けることができるNHS(National Health Service: 保健医療サービス)が創設されておりますが、このシステムを英国からNatasha Curryさんをお呼びしてご披露していただくことになっております。また、シンポジウムとして「人々の暮らしに寄り添う医療」をテーマに選んでおり、この方面のエキスパートの3人の先生方にお願いしております。市民公開講座は、「日本酒から学ぶ和のコミュニケーション」と題しまして、石原美和さんにお願いしております。

演題受付等は,改めてホームページや学会誌でお知らせいたします。

どうか多くの一般演題を応募くださいますようにお願いします。

会頭講演

「令和新時代の地域医療への挑戦」

講師:山下一也(島根県立大学学長代行)

特別講演

"The National Health Service and Social Care System in England"(イングランドのNHSとソーシャルケアシステム)

講師:Natasha Curry(Senior Fellow in health Policy Nuffield Trust)

シンポジウム

「人々の暮らしに寄り添う医療」

講師:
白石吉彦(隠岐広域連合立隠岐島前病院院長)
杉村卓哉(光プロジェクト株式会社代表取締役)
金坂宇将(ケアプロ株式会社在宅医療事業部事業部長)

市民公開講座

「日本酒から学ぶ和のコミュニケーション」

講師:石原美和(フリーアナウンサー/SSI認定・きき酒師)
※市民公開講座はどなたでも参加できます(無料)。

参加費

  • 事前登録:会員3,000円,非会員4,000円,学生2,000円
  • 当日参加:会員4,000円,非会員5,000円,学生2,000円

会場について

会場地図

meeting30_map.png
アクセス
JRまたは高速バスでお越しの場合

最寄りの駅は「出雲市駅」です。隣接する電鉄出雲市駅から一畑電車に乗り換え、「川跡駅」で下車してください。乗車時間は10分、「川跡駅」から会場までは徒歩5分です。

車でお越しの場合

最寄りのICは山陰自動車道「斐川IC」です。斐川ICから会場まではおよそ7Kmです。大学の東側にある「一般学生駐車場」がご利用いただけます。

お問い合わせ

第30回日本医学看護学教育学会学術学会事務局

〒693-8550 島根県出雲市西林木町151
島根県立大学出雲キャンパス内
TEL:0853-20-0200
FAX:0853-20-0201
E-mail: jamne30@u-shimane.ac.jp

トラックバック(0)

トラックバックURL:

学術学会の一覧

学術学会の予定

第30回日本医学看護学教育学会学術学会

2020年3月14日(土)
島根県立大学出雲キャンパス(島根県出雲市西林木町151番地)
テーマ:「健幸を彩るソーシャルケア」

→つづきを読む

学術学会の一覧

学術セミナーの予定

学術セミナーの一覧

研修会の予定

研修会の一覧