学術セミナー

第20回日本医学看護学教育学会学術セミナー

seminor20_poster.jpg

日時:平成29年12月2日(土)13:00~16:00
会場:島根県立石見高等看護学院 大講義棟(島根県益田市昭和町20番15号)
テーマ:「施設から在宅へ―多職種協働による医療・介護の連携―」

日本医学看護学教育学会第20回学術セミナーのご案内

実行委員長 狩野稔久(益田地域医療センター医師会病院 病院長)

高齢社会の進展に伴う複数の慢性疾患を抱える高齢者の増加や、その社会的費用の増大を見据え、医療・介護のパラダイムシフト、①急性期医療から慢性期医療・長期ケアへ ②施設内でのケアから地域での包括的ケアへ ③医療専門職による医療から多職種連携およびインフォーマル・サポートとの協働によるケアへ、などが求められている。このような背景から今回のセミナーでは、公立病院で在宅医療を立ち上げた医師の講演と症例を基にした多職種によるシンポジウムを企画、実践的な視点から参加者が、これからの医療・介護のトレンドの一端を学べるようなプログラムとした。

高齢社会の進展に伴う複数の慢性疾患を抱える高齢者の増加や、その社会的費用の増大を見据え、医療・介護のパラダイムシフト、①急性期医療から慢性期医療・長期ケアへ ②施設内でのケアから地域での包括的ケアへ ③医療専門職による医療から多職種連携およびインフォーマル・サポートとの協働によるケアへ、などが求められている。このような背景から今回のセミナーでは、公立病院で在宅医療を立ち上げた医師の講演と症例を基にした多職種によるシンポジウムを企画、実践的な視点から参加者が、これからの医療・介護のトレンドの一端を学べるようなプログラムとした。

基調講演(13:10~14:20)

テーマ:「病院からの訪問診療の立ち上げとその実践-雲南市立病院の取り組みー」

講師:太田龍一(雲南市立病院 地域ケア科部長)
座長:宅野真由美(島根県立石見高等看護学院 副学院長)

シンポジウム(14:30~15:55)

テーマ:「多職種協働 モデルカンファレンス」

座長:齋藤裕子(益田地域医療センター医師会病院 副看護部長)
シンポジスト:
訪問看護師 山田理絵(訪問看護ステーションせきせい所長 認定看護師)
介護支援専門員 澄川謙司(医療法人金島胃腸科外科居宅介護支援事業所たかつ 管理者)
薬剤師 西園憲郎(調剤薬局オオバ 在宅認定薬剤師)
栄養士 馬庭章子(すぎうら医院 管理栄養士)
理学療法士 広瀬強志(益田地域医療センター医師会病院 リハビリテーション科 科長)

参加申込について

  • どなたでも参加できます。参加費は無料です。
  • 参加申し込みは、E‐mailまたは、FAXをお送り下さい。当日の参加も受け付けます。

会場地図

交通アクセス

JR益田駅からセミナー会場へのアクセス
  • 徒歩約20分
  • タクシー約5分
車でのセミナー会場へのアクセス
  • 松江方面から国道9号線益田運動公園入口を左折して次の信号を右折後すぐ右折
  • 山口・萩方面から国道191号線の市内跨扇橋を渡ってすぐ左折
  • 学院内駐車場をご利用ください(無料)

お問い合わせ

日本医学看護学教育学会第20回学術セミナー事務局

〒699-3676 島根県益田市遠田町1917番地2
益田地域医療センター医師会病院(総務課・地域連携室)
TEL:0856-22-3611
FAX:0856-22-0407
E-mail:kangogaku29@masumi.shimane.med.or.jp

トラックバック(0)

トラックバックURL:

学術セミナーの一覧

学術学会の予定

第28回日本医学看護学教育学会学術学会

平成30年3月3日(土)
サテライトキャンパスひろしま(広島市中区大手町1丁目5-3)

→つづきを読む

学術学会の一覧

学術セミナーの予定

第20回日本医学看護学教育学会学術セミナー

平成29年12月2日(土)
島根県立石見高等看護学院 大講義棟(島根県益田市昭和町20番15号)
テーマ:「施設から在宅へ―多職種協働による医療・介護の連携―」

→つづきを読む

学術セミナーの一覧

研修会の予定

研修会の一覧